ウェブ心理塾 出版セミナーに参加in田町 2019年5月18日

 

樺沢紫苑先生が主催する「ウェブ心理塾セミナー」に参加してきました。

 

ウェブ心理塾は、樺沢先生の主催するコミュニティであり、講師や著者を目指す人たちが集まるコミュニティであるようです。

 

このウェブ心理塾からすでに50名以上の著者、累計出版数250冊以上の本が世の中に出ているようです!(記憶が正しければ、セミナーの中でそう言われていたと思います…)

 

樺沢先生といえば、著書「アウトプット大全」が現在40万部のベストセラーとなっております!凄すぎますね!

 

今回のセミナーでは樺沢紫苑先生、アウトプット大全の出版社である「サンクチュアリ出版」の吉田編集者様、出版エージェントである城村様、ウェブ心理塾で出版を決めた中村圭様のお話を聞くことができました。

 

セミナーに参加して得られた気付きや学びを書いていきます!

  

樺沢紫苑先生のお話

 

書店にいくと、似たようなタイトルの本が並べられていますよね。

 

「〇〇術」とか、「〇〇になる方法」、「60分でわかる〇〇」など、多くのニーズを満たす内容が並べられています。似たようなタイトルですが、売れる本と売れない本、その違いは一体何でしょうか?

 

本には、“重版率”というものがあるらしく、言い換えると“増刷”であり、売れている本は増刷されるということです。

 

この“重版率”ですが、重版されるのはなんと全体の2割以下であるようです。

 

逆を言うと、8割の本は売れないということです。

 

売れない理由は何か?という問いに、読者のニーズがあげられます。

 

ニーズには、大きく分けての“快”を高めるニーズと“不快”を解決する2つに分けられるようです。

 

ベストセラーのアウトプット大全、その秘密は“ニーズを満たしていること”にあるようです。

 

そしてベストセラーの秘密、それは「本の力」×「拡散力」×「タイミング」だそうです。

 

樺沢先生のこれまでの「インプット・アウトプット・フィードバック」で得られた経験談、失敗や成功体験、アウトプット大全がベストセラーとなった考察など、大変面白いお話でした。

 

中村圭様のお話 

 

中村様、「説明は速さで決まる」という本を出版されるようです。

 

そしてなんと、このウェブ心理塾主催の「出版企画書コンペ」という企画でチャンスをモノにし、出版に至ったようです。

 

その出版に至るまでのお話、企画書の作成やプレゼン、行った準備や編集者とのやり取りなど…

 

本を出版するまでに必要な事や行ってきたこと、約200Pの本を書くために必要な事など、出版も本の書き方も全然わからない私にとって、本当にためになる内容ばかりでした。

  

サンクチュアリ出版 吉田麻衣子様のお話

世の中の本の重版率は2割以下ですが、サンクチュアリ出版社の本は、なんとすべての本が7割以上”の重版率であるようです。凄いですね。

 

そんな売れている本を多く世に出している出版社の編集者である吉田様のお話も大変面白いものでした。

 

印象的であったのは、出版社の方の前では言わない方が良い言葉でした。そのNGワードとは…

 

小さい時から出版するのが夢でしたとのことです。

 

出版=社会貢献であり、出版はあくまで手段の一つ。出版を通して、ペルソナに向けた“ニーズを満たす”、それが社会貢献であり世界を変えること。

 

私は自分の本が書店に並ぶことを夢見ていましたが、これではいけないと気付かされました。(本を出したいとか言っていた自分が恥ずかしいです…)

 

編集者の視点で、アウトプット大全がベストセラーとなった考察や、出版前の裏話、編集者の目にとまる“自己PR”や、求められているテーマなどなど、貴重なお話や気付きをもらえる素晴らしい時間でした。

 

出版エージェント 城村典子様のお話

キーワードは「オリジナリティ」。

 

プロフィールや構成案について、売れている本の構成案の例など、事例を基にお話しして頂けました。

 

「プロフィールや構成案、そんなところを見ているのか!」という発見がありました。

 

ロジックツリーや構成案のセオリーなど、「本」について、一つ一つ構成要素を紐解いて解説してもらったような感じです。

 

何となく、本には目次があり1章・2章・3章と分けられていて、著者のプロフィールが書いてあって……っていうのを、一つ一つどのように組み立てられているのか教えて頂けました。

 

自分では気づかないであろう、本の構成案。出版社の方の視点。

 

参加して良かったです。

 

まとめ

1冊の本が出版されることに関して、どのような準備やどのような人たちが関わっているのか、どのように情報収集していけば良いのかなど、多くの“気付き”をもらえるセミナーでした。

 

ひとまず、ブログかnoteなど、文章を書けるプラットフォームを利用して日々情報発信することが改めて重要だなと気付きましたので、さぼり気味だったブログ、ちゃんと書いていこうと思います。

 

まだまだ書きたい内容がたくさんありますが、このへんで。

 

気になる方は個別にメッセージもらえればお答えしますよ(^^

 

セミナー

Posted by YK