楽読体験セミナー ~楽読静岡清水スクールでの体験~

 

以前より興味のあった楽読の体験セミナーに行ってまいりました。

 

体験セミナーを受講して学んだことや良かったこと、書いていきます。

楽読とは??

楽読とは、速読のことであるようです。

 

一般的な速読は「斜め読み」や「飛ばし読み」といわれるものであったり、「フォトリーディング」といわれる本のページの一面全てを一気に見て映像として読んでいく、というものなど種類があるようです。

 

楽読は、「楽しく授業を受けながら、トレーニング後の読書速度は2~10倍に!!」をモットーとしているようです。

 

Rakudokuウェブサイトより引用

 

上記の図で表されているように、元々の語彙力や知識のベースが高い人は読み進めるスピードが速いようです。

 

しかし、私の様に一般的な文字数(700~3000文字以内)対象者は、体験前後で読む速さが早くなる実感を得ることができると思います。

楽読体験セミナーで学んだこと

楽読は“テクニック”というよりは、“トレーニング”の要素が大きいという印象を受けました。トレーニングであるため、やるべき事をしっかりやり、積み重ねることで速く読めるだろうなという印象です。

キーワードは、

・速聴
・眼球トレーニング
・呼吸法、ストレッチ
・眺める
・聴覚情報<視覚情報

です。

イメージとしては、読書前のルーティンにより集中力を高め、速読に向けたウォーミングアップを行ってから読書する、というような感じです。

 

実践してみると分かるのですが、眼球トレーニングを行って、日ごろいかに目を鍛えていないかに気付きました。

 

スポーツのパフォーマンスアップのため、動体視力を鍛えるため、楽読を取り入れている学校もあるようです。

 

上記、速読のためのトレーニングを行うことで、実際私も体験レッスン前後で、約900文字/分の文字数が、約1600文字/分とアップすることができました。

 

元々語彙力が高い方や、勉強の量をこなしている人はどうかは分かりませんが、活字に慣れていない方や読書するペースが遅い方、本を読む習慣がない方など、楽読をするためのトレーニングを行えば確実に速く読めるようになると思われます。

楽読について書かれている本、体験セミナーで紹介された本の紹介

体験セミナーで4冊の本を紹介してもらいました。

 

今度購入して読んでみようと思います。いやー楽しかった。

セミナー

Posted by YK