あしたかローカルマーケットに参加

地元のイベントに参加してきました。

きっかけは、「小さな本の家」という、静岡県沼津市にある地元の人たちに愛される図書館で紹介を受けたからです。

あしたかの、地元の人たちにより作られたイベント、出店が多くあり、踊りあり、歌があり、楽しいイベントでした。

その日に案内を受けなかったら、完全に一日読書見て動画を見て過ごしていましたが、参加してみて一つ、「こういうのがあるんだ」ということを知れたので良かったです。

ビブリオバトルって言葉知ってますか?

ビブリオバトルは、京都大学から広まった輪読会・読書会、または勉強会の形式で「知的書評合戦」と呼ばれている。 Wikipediaより引用

何やら、読書したお勧めの本をスピーチ形式で紹介するそうです。

調べたところによると、全国大学ビブリオバトルなんてのもあるらしいです。

知らなかった。。。

動画を見つけました!こちらです↓

高校生、凄いすね。

 

そして、本日このビブリオバトルという企画で、地元の4人の人たち、おすすめ本の紹介がありました。

全く知らない本のPRで、知ったのも何かのご縁かなと思うので今度購入してみようと思います。

↓紹介のあった本↓
麦の海に沈む果実/恩田睦

波止場日記-労働と思索(始まりの本)/エリックホッファー

なぜ「地雷専門店」は成功したのか?業界未経験の経営者が超人気風俗店を作り上げるまで/デッドボール総監督

 

ノリで参加してみましたが、知らなった本の情報が分かり満足です(^^♪

自由

Posted by YK