樺沢紫苑 「ウェブ心理塾セミナー祭り2018」 オンラインセミナーを受講して

2019年1月12日

※動画は有料セミナーであるためスクショのみ表示。

 

樺沢紫苑先生が主宰している、「ウェブ心理塾セミナー祭り2018」の内容が、現在オンラインで受講できます。

 

樺沢先生がオンライン上で作っているコミュニティ、「樺沢塾」に所属していると、セミナー動画がみれる仕組みになっております。

 

今回、「ウェブ心理塾セミナー祭り2018」のオープニングの樺沢先生のセミナー、

「AI時代の生き方革命~勝ち組になる7つの戦略(前編)」(27分)を受講した感想を書いていきます。

 

AIの時代、どうなる??

 

動画の中で、樺沢先生より「WESTWORLD」という、ドラマの紹介がありました。ワンシーズンの予算が、なんと100億円かけているようです!凄いですね。

 

ドラマの中で、ロボットが人工知能をつけていたら、どうなるのかというようなドラマになっているようです。人工知能の発達について、未来の仮説、イメージにはお勧めではないかという意味があるのではないかと思われます。

 

今、雑誌やテレビ、インターネット上でも紹介のある「AI時代」についてこれからの急激に変わる社会での適応には、このAI時代についての情報や未来予測、未来への仮説を経てていくのが重要なようです。

 

動画内で、樺沢先生が考える「社会はこうなっていく」という仮説をきけることができます。

 

 

これからの時代に必要なスキル

これからの時代、以下の3つのキーワードのコントロールが必要だそうです。

・時間

・情報

・健康

 

これからのAI時代を生き抜く、に限らず、樺沢先生の著書では上記について、ビジネススキル(時間管理、生産効率アップ、情報収集、健康)についてたくさんの情報発信をされています。

 

上記スキル、「AI」に生産性を奪われる可能性がある、人がコントロールできるのにコントロールできない部分は「AI」に奪われてしまうのではないかという話でした。

 

「AI」に限らず、自己成長を最大限活用するためには、上記、時間・情報・健康に関する管理は重要であるということが具体的に聞けました。

 

 

AIに勝つために

人が成長するために、樺沢先生が良く言われること、「インプット⇒アウトプット」、そしてフィードバックが重要と言われています。

 

そして、情報社会では情報の扱い方が大事であり、インプット過剰でアウトプットがない状態であると、今後「AI」に勝てなくなると言います。なぜなら、「インプット」では絶対にAIに勝てないからだと言います。

 

ヒトが「AI」より優れる部分、「アウトプット力」を生かし、集めた情報(知識)を知恵に変え、情報編集力を高めることが重要だという認識を得ました。

 

これからさらに情報に溢れる社会になり、情報に対する受け手の姿勢、「情報リテラシー」が大事で情報を取捨選択できることが重要であることが学べました。

 

大変興味深い話であり、コミュニティ内では何度でも動画受講ができます。

 

過去の動画もみることができ、おすすめです。