Vos japanワンデイトレーニング 12月

2018年12月18日

 

Vos iapanワンデイトレーニング(セミナー)、オンラインで参加してきました。

 

 

1部 大成八根

 

①素直

②勉強家

③自分への矢印

④感謝と懺悔

⑤プラス思考

⑥信用×10コ =信頼

⑦思いやり

⑧仲間

 

この、“大成八根”は造語であり、毎回ワンデイトレーニングの1部で紹介されます。

 

それぞれのキーワードは、主催者の米澤さんが「人間力」に必要な8項目だと言われています。

 

米澤さんの体験談も含め、このキーワードについて例をあげてお話していただけます。

 

その中で、「仲間」について、今回ピックアップして話してくれました。

 

そもそも「仲間」とは、片方が仲間と判断すれば成り立つのでしょうか?

 

「仲間」の文字、“人”の“中間”と書きます。

 

人の中間にあるものは何か??

 

 

この図の中間には、何が入るか、それがこの二人を結びつける、「仲間」となります。

 

これが夫婦であれば中間にあるのは“愛”かもしれません。

 

 

仕事であれば組織の同僚同士の間にあるのは“目標”かもしれません。

 

そして、この「仲間」のマイナス要因、それは「我」であると言います。

 

 

 

「我」が強いと、チームワークは上手くいかない。「我欲」が強いと、相手のことを考えられない。「我」をとって、中間にあるものを大事にする、それが「仲間」であると、とてもいい言葉を頂きました。

 

第2部 幸感力

 

“幸せ”…心が満ち足りている状態

 

現代は、「〇〇になったら幸せ」と、条件をつけてしまう人は多いのではないでしょうか?

 

条件をつけると、人は不幸になってしまう、と米澤さんは言います。

 

この章で、“幸せ”の定義、自分にとって何が幸せかを考えさせられました。

 

そして、「〇〇になったら幸せ」の、〇〇=成功としたときに「成功したら幸せ」、これは皆が思うことではないかと思います。

 

ここで、“成功”についてお話して頂きました。

 

“成功”はどうすれば良いか??

 

「遠まわりは近道」

 

米澤さん自身が体験した「目の前のことに、小さなことからコツコツ一生懸命」やってきた話。

 

色んな本や、セミナーでもよく聞く「目の前のことに一生懸命」は成功の本質であるようです。小さなこと、気遣いやどんな仕事も一生懸命にやる、日々忘れがちな本質の重要性を再認識させてくれます。

 

成功することを“幸せ”としたとき、自分の幸せを満たす、願いをかなえるには、どうすればいいか?

 

幸せになるために願いをかなえようとするとき、願いを叶えるには日常をどう過ごすか?

 

神様は、どんな人間を応援、願いをかなえようとしてくれるか?自分の願い事ばかりしているのではなく、神様に感謝をしているか?

 

様々な気付きを頂きました。

 

 

3部 アイデンティティー

Vos lapanで提供しいるもの、以下の3種類でした。

 

これが、今回より4種類、「アイデンティティー」も加わり、ワンデイトレーニングのコンテンツがさらに充実されるようです。

 

アイデンティティーとは、自己を確立する要素。

 

米澤さんより、様々な質問が投げかけられました。

 

「日本の歴史(自国)知ってますか?」

「自分の祖先の事知ってますか?お墓まりに行ってますか?」

「祖国の誇り、大事にしてますか?」

 

自分や自分を取り巻く環境について知ることは、「自分を深めること」と言われます。

 

自分の国はどのような歴史を歩んできたのか?

 

祖先が大事にしてきた日本の文化は何なのか?

 

仏教とは何なのか?

 

様々なお話を通して、新しい気付きを頂きました。

 

 

4部 金融と経営

 

これからVos japanが提供しているコンテンツに、「行動経営学」があります。

 

「行動経営学」では、ビジネスについて、起業したい方にとって必須の知識を教えて頂けるようです。

 

このワンデイトレーニングでも学べる“ビジネス”について理解を深めたい人、「経営者」を目指す人にとっては必須の経営学のようです。

 

まとめ

今回も約4時間にわたるワンデイトレーニングセミナーでした。

 

簡単にではありますが、4~5部に渡る構成で、様々な事を学べるワンデイトレーニングセミナー、オンラインでも受講できるのでお勧めです。

 

セミナー

Posted by YK