お金を稼ぎたい経営者はこれをやれ!「こうやったらお金を儲けられます」 鴨さんの動画を見て

 

・ファミリーマートについて

鴨さんが行く、ライザップの横に設置してあるファミリーマート。その店舗に、「ささみプロテインバー」という商品が、健康食品コーナーに置かれている。一本200円。

会社名はまるぜん、ちーかまの会社。魚肉ソーセージの会社。

ライザップに行く前後で、約1時間で5~6本売られているとのこと。

味は魚肉ソーセージであるが、パッケージを変えて、置き場所を変えて販売する。

コンセプトをずらして売る。魚肉ソーセージであるが、たんぱく質補給として、健康食品としてパッケージを変え、コンセプトをずらして販売する。

 

・北原照久さんのお話

ブリキのおもちゃを保有している。5トントラック、12台分は運んだが、まだ残っていたということ。

ブリキのおもちゃは、昔のおもちゃ。ただ、今の人たちにとって、ぶりきのおもちゃは「ゴミ」であると。今、ブリキのおもちゃを作っている会社はいない、「ゴミ」はない。

北原さんは、ぶりきのおもちゃを売っているのではなく、並べて入場料を

北原さんにとって、ブリキのおもちゃは、「モノガタリ」であると。

北原さんは、ぶりきのおもちゃを買っている。他人から見たら「ゴミ」を、お金を出して買っている。そして、それを並べて入場料で収入を得ている。

これも、コンセプトをずらしている。

 

・あるサンダル屋さんの話

サンダルが1足売れることにより、お店が貧しい国の子供たちに「サンダル」が1足プレゼントされる。サンダルではなく、「社会貢献」というコンセプトで営業している。

 

・ある社員食堂の話

カロリーが少ないメニュー。「肥満」で悩む、「痩せたい」と願望を持つ人にカロリーの少ないメニューが提供されると喜ばれる。そして、そのメニューを頼むことにより、カロリー節約した分のカロリー(食事?)を、飢餓で苦しむ子供たちがいる国に寄付する。

同時に、先進国で「太って悩んでいる人」と、発展途上国の「食べれないで悩んでいる人」の悩みが解決される。

 

 

・コインランドリーについて

コインランドリー、20台ある場合、1台あたり500円使うと考える。

そうすると、20(台)×500(円)=10000円

乾燥機も使うと考え、洗濯機×乾燥機で15000円

1日、20時間稼働計算で、15000(円)×20(時間)=30万円

月計算で、30万(円)×30(日)=900万円

ただ、フル稼働はありえないので、

半分稼働(12時間)で15000円×10(時間)=15万円

月計算で、15万円×30(日)=450万円

年間売り上げで、450万円×10か月(として)=4500万

そして、一つのコインランドリー10店舗持っていれば、半分稼働でも、

1店舗売上4500万(円)×10(店舗数)=4億~5億の売り上げ計算。

人件費は一人、一人が洗濯機から洗濯物を出す、乾燥機から洗濯物を出す、それにより常に稼働を促す。従業員は、シルバーセンターの派遣の人でも十分可能。

10店舗でも、10人。

コインランドリーは、装置ビジネス。開業時には資本がかかるが、回収しきったら全て利益。

 

家に洗濯機のない若い人達だけでなく、小さいお子さんがいる家庭や、部活を始めた子供がいる家庭などにニーズがある。

 

・クリーニング屋さんがワイシャツを売り始めた

忙しいサラリーマンが、クリーニング屋に行く。持ってるワイシャツのローテーションが間に合わない時、追加でクリーニング屋で買える。

追加でかかるのは、ワイシャツの原価のみ。ランニングコストかからない。

 

 

ビジネスは、ただ売るだけでなく、人々の「願望」や「悩み」とか、「幸せ」のことを考えている人が、上手になる。たくさんの人たちの、内面が分かる人になれる人が、良いビジネスができる。

人たちが言葉にできない「願望」や「悩み」を見つけていこう。

 

自分のビジネスのことしか考えていない人は、自分のビジネスさえも達成できない。世の中の、たくさんの人を考えたビジネスを考えている人が、自らのビジネスも達成できる。

 

 

たった20分程度の動画でたくさんのことが学べます。

 

今日も学びをありがとう。