ビジネスセンスを磨く 鴨頭嘉人から学ぶ

 

ビジネスセンスについて。

 

イチローは何故世界のメジャーリーガーと比べ、体が小さいのに成果を上げているのか?

 

イチローは、一日中野球のことを考えているから。階段を上るときに野球のことを考えて上がり、食事をするときも野球のことを考えて食べている、日常の生活の中で微妙な体性感覚を意識、分析してきたそうです。

 

つまり、野球に対する時間の使い方を人より多くしてきたことが、イチローが成果を上げている秘密であるとのこと。

 

またアスリートは、一瞬一瞬が勝負、毎回のパフォーマンスで一喜一憂していたら、次のパフォーマンスに左右するので、切り替えるためのメンタルや不調の時のモチベーションの高め方、成果が給与に反映されるので野球のスキル以外のところ、体とメンタルのリカバリーを以下にするかが成果に反映される。

 

ビジネスの世界ではどうか??

 

ビジネスの世界は、鴨さん曰く甘い、ビジネスで成功するのは簡単であると述べています。

 

何故なら、ハンディキャップなし、考えた時間がそのままビジネスの世界に反映されるそうです。イチローと比べ、体が小さいとハンディを乗り越えてきたが、ビジネスにはハンディは一切関係ない。

 

小さな失敗を早くする人、行動をしている人。ビジネスで“成功”を収めている人はたくさんのトライ&エラーを通して、センスを磨いている。

鴨さんは、独立後にたくさんの小さな失敗をし、トライ&エラーの中で、成功率を高めてきそうです。そして、ビジネスの成功法則・成功事例は世の中にたくさんあり、失敗談もあくさんある。ビジネスの成功という名の頂きに行くとき、行く道は様々あり、この道を模索してくのが成功の確率を高めていく秘訣だそうです。

 学んだ内容、ビジネスマンはアスリートに比べてハンディキャップがなく、ビジネスについて考えたほど、成功率を高めることが可能であるそうです。ビジネスについて、自分がしたいことについてとことん考え、様々な素晴らしい経営者の成功・失敗談を学び、自分の成功に向けてトライ&エラーを繰り返す。

 

素晴らしい内容でした!

 

今日も学びの一日をありがとうございます。